d-value 診断の価値を追及する エイテック株式会社

突発事故を許さない!「画期的な設備機器予知診断」を実現


  
高調波技術研究会
 
 NEWS
 設立趣意書
 会則
 事業活動
 役員



  「高調波診断技術 T・U・V・W・X 講習会テキスト」 発売中
      

  
 NEWS

■「第9回 日韓合同高調波技術研究会」のお知らせ

   1.開催日 2007年11月17日(土)

    2.会場 メルパルク京都 5階会議室B 京都駅烏丸中央口出て右側
     
(下記地図参照)TEL(075)352−7444

    3.研究会スケジュール 
    12:00  受付開始
    
13:00  研究会開始 
         @高 博会長挨拶  トピックス
     13:15  基調講演 小松康廣(立命館大学教授)
            講演題目「PWM電力変換器の新制御法」
     14:30       休 憩
     15:00  検証事例
            @大型プレス機
            Aインバータ
            Bケーブル
            C巻き取りとファン
            D水中ポンプ
            Eポンプ
    16:30   総括 金慶先(韓国高調波技術研究会委員長)
    16:40   研究会終了

   4.参加費  会員:無料  非会員:2,000円

   5. 懇親会のご案内

    研究会終了後、引き続き懇親会を予定しております。情報交換や親睦を暖める
    良い機会になると思いますので多数のご参加賜りますようお願い申し上げます。

     17:00〜19:00  同会館8階ラウンジ(大文字) 

     参加費:3,000円



  
  
■「第8回 日韓合同高調波技術研究会」のお知らせ

   1.開催日 2007年5月12日(土)

    2.会場 京都ぱるるプラザ 4階会議室 京都駅烏丸中央口出て右側
     
(下記地図参照)TEL(075)352−7444

    3.研究会スケジュール 

12:00  受付開始
    
13:00  研究会開始  司会:高 護(事務局長)

@高 博会長挨拶
      
A高調波知的劣化診断システムの事例紹介―高 博(会長)
      
B基調講演―小松 康廣先生(立命館大学教授・工学博士)
         講演題名―「電気機械の統一理論」
 
       休憩―(コーヒ―ブレイク)
      
CKS導入事例紹介(発表)韓国2社、国内4社を予定
         ・高圧設備の検証事例(高圧モータ、変圧器、高圧ケーブル)
         ・高調波法と振動法の比較
      
D総 括―高調波技術研究会委員   

16:50  研究会 終了→移動休憩

   4.参加費  会員:無料  非会員:2,000円

     懇親会のご案内

    研究会終了後、引き続き懇親会を予定しております。情報交換や親睦を暖める
    良い機会になると思いますので多数のご参加賜りますようお願い申し上げます。

     17:00〜19:00  同会館8階ラウンジ(大文字) 

     参加費:3,000円
     お手数ですが、ご出席の有無を別紙出席確認表にて4月16日(月)までにFAXにてお知らせ下さい。


  
  ■「第7回高調波技術研究会」 レポート
    2006.11.17 ぱるるプラザ京都(5階会議室B)


  ■電波新聞に掲載されました

  多数のご来場ありがとうございました。

   
  

    ■ 高調波技術研究会会長  高 博    ■事務局長   高 護

    ■第3回高調波診断技術講習会修了書授与式  
     受講者 30名 合格者19名 内、最優秀賞3名 特別賞1名

     

    ■代表挨拶  金 慶先様
    ■高調波知的劣化診断システムの紹介
    ■基調講演  石原 好之先生(同志社大学教授・工学博士)
      講演題目   「電気機器と高調波」

    ■KS診断事例紹介
         
    1 空調機ファンの診断
    2 コンプレッサの診断
    3 パンをこねるベーカリーの検査
    4 LED素子の検査
    5 工作機械の診断
                 
 



   ■「第6回高調波技術研究会」 レポート
     2006.5.20 ぱるるプラザ京都(5階会議室)


     多数のご来場ありがとうございました
   
    
    
   
    ■ 高調波技術研究会会長  高 博    ■事務局長   高 護

    ■基調講演  小松 康廣先生(立命館大学教授・理工学部)
    ■講演題目   系統連携分散電源における高調波電圧などを考慮した電流制御法

    ■KS診断事例
     診断事例
    
    1 高圧ケーブル (直流漏れ電流試験との比較)
    2 大型高圧モータ (振動診断との比較)
    3 大型送風機 (振動診断との比較)
    4 電気鉄道 (駆動装置)
    5 インバータ (ストレス破壊)
    6 モータ巻線 (レアショート)

     設備診断技術
    1 予知保全 (非接触型診断器による予知保全向上)
    2 有効性検証 (「高調波解析による非接触型電気設備診断装置」の有効性検証
               のための診断)